SDGs目標に貢献!水系洗浄剤のメリット・デメリット

【今月のお悩み】

金属加工の部品を洗浄機と水系洗浄剤を使用し洗浄しているのですが、油が残りシミが発生してしまいます。

そのため、洗浄品質が安定せず洗浄不良が多発しています。

今までと変わらない「方法」で行っているのに、なぜなのか・・・。

洗浄品質を良くするための方法を教えてくださ~い(泣)

 

シーファー

博士ぇ~!洗浄不良が多発しているお客様からの

SOSがきているのだぁ~!

 

博士
(ラボボス)

それは大変じゃ!不良が多発すると様々な問題が起こるのじゃ!

早速洗浄ブルーに・・・と思ったが、どうやらもうお困りの方の元へ

行っているようじゃ!

 

その頃現場では・・・

 

相談者A

従来と変わらずに同じ洗浄剤を使用しているのですが、ここ最近になって

洗浄不良が多発し、業務も全然捗りません・・・。

 

ダーク
ムーダー

おやおや、洗浄不良にお悩みのようですね。

私がご一緒に解決いたしましょう!ひーっひっひっひ

 

相談者A

いいんですか?!では、一緒に現場に来てください!

 

ダーク
ムーダー

もちろんですとも!お客様のためですから!

どうやら、水系洗浄剤の量が「圧倒的」に足りないようですね。

希釈して使用するので、大量に使わないと綺麗にならないですよ!

 

相談者A

えぇ・・・ですが、今までと変わらずに使用しているのに

使用量が問題なんですか?

 

洗浄ブルー

使用量の問題ではありませんので、ダークムーダーに騙されないでください!

 

ダーク
ムーダー

また邪魔をしおって!ラボレンジャーども!

お客様、こやつらの言葉を信じてはいけませんよ!

 

洗浄ブルー

どの洗浄液でも同じですが、問題が発生したときは

使用している物の基本を改めて把握し現場の状況を調査すれば

改善策は必ず見つかります!1日でも早く解決するために

一緒に1つ1つ確認していきましょう。

 

相談者

変だとは思っていましたが、ダークムーダーに騙されるところでした!

心強い味方と一緒に確認できることが心強いです♪

 

ダーク
ムーダー

またしてもラボレンジャーどもに!

ぐぬぬ~、覚えておれー!!

 

水系洗浄剤の基本工程と種類

水系洗浄剤は、酸性・中性・アルカリ性の3種類となり以下のように使い分けます。

 

 

これらを用いて洗浄を行う場合の洗浄工程は一般的な洗浄工程を軸としたときに以下のようになります。

  一般的な洗浄工程 水系洗浄剤を用いた場合
1 洗浄 洗浄  ⇒ 水系洗浄剤(工業用洗剤)
2 すすぎ すすぎ ⇒ 市水・地下水・純水など
3 乾燥 乾燥  ⇒ エアブロー・熱風乾燥・水置換・遠心分離など

 

水系洗浄剤は、原液を水で0.5%~5%程度希釈したものを浸漬超音波洗浄装置やシャワー洗浄装置などを活用して、物理的な力を加え洗浄を行います。

主に、油汚れや無機系汚れ、タンパク質汚れに適していて、金属加工後の脱脂や切粉除去、表面処理工程(塗装、メッキ、アルマイト)などの現場で多く使用されています。

しかし、金属加工後の脱脂目的で使用しても油汚れが落ちず、乾燥後には油シミが出来てしまい洗浄不良となってしまうことも・・・。

そうならないためにも、油の持ち込量や使用している洗浄剤(水系洗浄剤)にあわせた濃度管理が重要となります。

 

水系洗浄剤のメリット・デメリット

上記でご紹介したように、水系洗浄剤は0.5%~5%程度希釈するためコストは比較的安くなり、水系洗浄剤には引火点がないため、炭化水素系洗浄剤の様な引火・爆発といった危険性はありません。

また、有害性が低いもしくは有害性は無いため環境及び作業者にも優しいものとなるため働きやすい職場作りやSDGs目標達成に貢献できる洗浄剤の1つです。

ですので、中国のVOC(ぶいおーしー)規制といった各環境規制も適用外となります。

 

これだけを見ると環境などに課題を感じている方には魅力的に映るかもしれませんが、デメリットもあります。

 

有機溶剤系や炭化水素系洗浄剤と比較すると再生利用が難しいです。

ただし、水系洗浄剤自体が安価なものが多く、希釈して使用するため再生利用が難しい点がコスト面で大きなデメリットになることはありません。

 

水系洗浄剤の大きなデメリットは主に、「付帯設備が増える」という点です。

 

水系洗浄剤は有機溶剤系や炭化水素系洗浄剤と比べて乾燥性が悪いため、ほかの洗浄剤より乾燥に時間が掛かります。

一概に言えない点もありますが、比較的洗浄装置が大きくなりスペースをとってしまう傾向にあります。

また、洗浄する汚れに見合っていない場合は洗浄不良に繋がるケースがあります。

 

そのほかにも、洗浄剤に混入した油を分離するための油水分離装置や排水処理設備を設ける場合もあります。

排水処理設備を設けなくても、産業廃棄物として産廃処理業者へ処理を依頼する方法もありますが、これも同様に多額なランニングコストが掛かってしまいます。

そのコストを少しでも抑えることが出来る装置として、3Cラボでは「FRIENDLY」をご紹介しています!

 

 

洗浄ブルー

洗浄したい汚れに見合った洗浄剤の選定とワークの形状に対して有効な物理的効果を

搭載した洗浄設備を組み合わせることで、水系洗浄剤のメリットを最大限に活用した

洗浄効果を発揮します。

この仕組みを理解することが水系洗浄剤マスターへの近道です!

 

相談者B

なるほど!

ですが、水系洗浄剤を選定するポイントってなんですか?

 

洗浄ブルー

それについては、「必殺技」でご紹介いたします!

記事一覧