塗装前に油分残渣をサクッと的確に見つけたい!

【今回のお悩み】

 

我が社では通信機器の精密プレス加工をやっています。今、最大の悩みは塗装工程でどうしても出てしまう塗料の密着不良です。調べてみるとその原因のほとんどが油分残渣だということがわかりましたが、ひとたび不良が出ると、塗料を剥がして洗うところからやり直し・・・ムダな費用と労力ばかりがかかってもう大変!塗装の前に油分残渣が発見できれば、ものすご〜く楽になるんですが・・・助けてぇ〜、3Cラボ〜っ!

 

 

 

シーファー

博士ぇ、洗浄不良に悩めるお客様がいらっしゃいましたよぉ〜。

おやおや、だいぶ重症のようですねぇ・・・大丈夫ですか?

 

相談者B

ふぅ〜 はぁ〜・・・この問題にもう何ヶ月も悩まされ続けています。

洗浄剤を変えればいいんでしょうか? それとも検査員に特殊訓練をしてもらう

べきなのでしょうか? なんで不良が減らないんですかね〜?

 

 

お悩みじゃのう。気持ちはよ〜くわかるが、

大丈夫、こんな時こそ我ら3Cラボに任せるのじゃ。

よし、洗浄ブルー! お前の出番じゃ! 

お客様の悩みをキレイサッパリ、洗い流してあげるのじゃ!

 

洗浄ブルー

承知しました! お任せください! 

さぁ、お客さま、現場へ参りましょう。トゥ!

 

 

—–現場到着—–

 

シュタッ! 現場に到着したブルーは、早速、自動洗浄機からチェックを始めた。マシンの性能も使用している洗浄剤にも問題はなさそうだ。

 

 

洗浄ブルー

うむ・・・マシンのスペックも十分だし、洗浄剤も理にかなったチョイスだ。

・・・となると、問題は塗装前の検査なのか?!

 

 

相談者の話によると、検査は【洗浄】→【乾燥】を行なった後、抜き取りで目視検査を行っているという。

ブルーは検査部門のドアを開ける。すると・・・?! 怪しい光線を検査員に浴びせかける人影が! そしてそ

光線を浴びた検査員は、操られるようにすべての部品にOKを出してしまっているではないか!! 

 

 

ダーク
ムーダー

うわっはっはぁ〜。そうそう、油分が残っていてもおかまいなし。

じゃんじゃんOKを出すのだ〜。そして塗装不良をたくさん出して、

全部やり直せっ! やり直しばかりして、ムダな努力を重ねるのだぁ〜!!!

 

やっぱりお前の仕業だったのか! そうはさせん!

検査を妨害してムダにムダを作り出すなんて、この卑怯者め! 

ダーク
ムーダー

何? お前は・・・!

 

 

洗浄ブルー参上! 私が来たからには好き勝手はもうさせない。

覚悟! UVアーテル・ゼット ビーーーム!!

 

ダーク
ムーダー

ぎやぁ〜〜〜〜っ やられたぁ〜〜〜〜!

ぐぬぬ。憎き3Cラボめ。覚えておれぇ〜

 

ありがとう3Cラボ!

                                         

【解説】塗装の密着不良を出す前に

 

今回のお悩みさんは、塗装の前に油分残渣をなんとか的確に見つけ出したい!というものでした。

塗装不良の原因を調べてみると、そのほとんどが脱脂洗浄不足による密着不良です。

 

 

お悩みさんの工場では、【プレス加工】→【自動洗浄】→【乾燥】→【焼付け塗装】を行っており、洗浄行程では炭化水素系洗浄剤を使って脱脂洗浄を行っています。

 

 

現在検査は検査部門で、乾燥後に「抜き取り」で目視検査をしていますが、それを「全数検査」にしたところで、目視検査だけの場合、個人によっても差が出ますし、見落としてしまう可能性もあります。

 

 

相談者B

かといって分析機関に出すと、1検体で数千円~数万円もかかる上に

日数も数週間かかると言われまして・・・。そんなのムリですよ〜。

 

 

 

塗装工程に入る前に、お金も時間もかけずに、しかも簡単に

洗浄不良を確認できる—そんな都合のよい方法はないものでしょうか?

 

 

洗浄ブルー

もちろんあります!!

お望み通り、費用をあまりかけずに、的確に見つけ出す方法が!!

 

洗浄工程での品質確認方法について

 

金属洗浄などの洗浄工程で、洗浄対象物である切削油やプレス油を洗浄剤で除去出来ているかどうかを確認する方法は幾つかあります。

 

精密洗浄が求められる分野では、油分濃度計や糖度計・屈折計などで金属の表面や洗浄剤中の油分を測定して、洗浄品質の確認を行っています。ただし、これらの方法は測定機器が高価であり、専任者以外の方では取扱いが困難な場合があります。

 

簡易的な方法としては、肉眼や拡大鏡などによる外観検査が行われています。良品サンプルと比較して基準内かどうか判断していますが、加工油の種類や付着状況によっては、残渣があるかどうか判断しづらい場合があります。

 

 

 

洗浄ブルー

そこでオススメするのが、

今回の必殺技「UVアーテルZ」!

脱脂洗浄不良を見える化できるクリーンチェッライトです

 

 

どんなライト? どう使うの?

詳しくは「今月の必殺技」で解説します。

 

 

▼こちらも読んでね♪ 「UVアーテルZ」

https://www.ncc-nice.com/co_navi/PbI20170203104651-325.html

 

 

 

記事一覧